子供がかかりやすい冬の流行感染症

冬の感染症何がある?

子供ができると、
今までかかったことも、聞いたこともないような
風邪をいっぱい知ります。

感染症なんて、インフルエンザくらいしか
知らなかったのに、

子供が園に行きだしてからというもの、

我が家では、冬になると、
感染症の病気って何があるっけ?!と
構えるようになりました(笑)

そこで、毎年流行る代表的な冬の感染症をピックアップ
してみました!

インフルエンザ

言わずと知れた、冬の感染症「インフルエンザ」。

12月ごろから3月ごろがピークで、
高熱が出る病気。

インフルエンザにかかると、
1週間は自宅療養必須。

もちろん、園にも、会社にも
行ってはいけません。

RSウィルス

とにかく咳が長引くRSウィルス。
咳と発熱が特徴的で、
赤ちゃんがもっとも感染しやすいウィルス。
2歳までにはほぼ100%の赤ちゃんが感染する
と言われています。

また、咳の特徴はゼーゼー・ヒューヒューと
喘息にも似ていて、

悪化すると、気管支炎や肺炎に至るケースも。

うちはRSが続いて入院までしましたよ~(T_T)

咳が続くな。と思ったらすぐに受診を!

マイコプラズマ肺炎

こちらも咳系の感染症。
RS同様、発熱と咳が長引くのが特徴。

我が家では、子供2人マイコプラズマのおかげで、
お正月は、吸入器2台貸出で、
寝正月だったな~。懐かしい~。。。

ノロウィルス・ロタウィルス

嘔吐下痢ってやつですね。
熱が出たかと思えば、
恐ろしい吐き気と、下痢にうなされ、
トイレから動けない状態になる感染症です。

赤ちゃんだと、オムツ交換・
ハイターで除菌、洗濯、をエンドレスで交換
するという、

睡眠不足決定!な挙句、
自分も免疫力下がって、
移っちゃう。。。

という世にも恐怖な病気です。

我が家では、
フォトスタジオで衣装を着た翌日から
下痢リレーだったな~

それとすぐご近所のママさん一家も、
子供一人(※もう一人は無事)がウィルスにやられちゃったようで(汗)

前から通っている、ヨガ教室や全身脱毛サロンの予約を急遽キャンセルして、
お子さんの面倒を見ていたようです。

※私もママさんに紹介されて、横浜の脱毛サロンに通い始めました。

まとめ

冬場の感染症はとにかく怖い!
移らないためには、とにかく帰ったら
うがい・手洗い!

人込みには出かけない!これに尽きます!